声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

Voicyの収録完了〜その43〜

f:id:a1983a11a16ss:20170604210046j:image

明日の朝、配信します。

アニメやゲームの裏側から表側まで内容盛り沢山です。

三週間に一回の配信ペースで、やっているので(´ー`)

いや、これ以上のペースは無理なんです。

なぜ無理なのかは、ラジオで言ってますので、ぜひ、お聞きください。

 

激務、激務、激務なんです。。。

ゲーム作って、アニメ制作に関わって、声優やって、事務所関連のあれこれやったら、一週間確実に溶けます!!

その安らかな時間の隙間に、ラジオ収録してるんです^ ^

もうなんか、ワークショップとかにして、Voicyのゲストに来て喋って貰うとか、ゲーム出演確約とかにして、回した方が皆んなが幸せになれるんじゃないかと思い出してます。。。

まぁ、その皆んなに、僕は入ってないと思いますけど(´ー`)

 

アニメに出演したいなら〜その42〜

お馴染みの一万円です。

f:id:a1983a11a16ss:20170601010056j:image

本題ですが、アニメに出演したいなら、アニメに関連の会社か、クライアントと人脈作らないとダメですし、ゲームも同じです。

このカード一万円を僕はガチャして、ゲーム実況して、ゲーム会社から依頼が来て、ギャラを貰って、人脈や資金を回収します。

ワークショップで一万円払っても、ゲームに出れないし、回収はできません。

 

アニメも同じです。アニメは著作権が、ゲームと違って黙認ではないので、画像や映像系を勝手に使う事はNGです。そのため、制作会社にコネクションを作るのが最も利にかなっています。ワークショップで頑張っても、アニメに出れるのは事務所関係者が多いです。

アニメのワークショップ自体がないのですが。

 

本当にアニメを作ろうと思ったら、最低でも2億以上かかるので、そこに人脈を持てるだけの信用や資金力、情報収集能力がないと、仕事なんて一生きません。

というか、営業でオーディションを取りに行かないと、チャンスすらありません。

 

フリー声優さんは、指名で仕事がくる人の事なので、そうでないなら、声優志望者と同じく、企業からのオファーはないです。

 

ワークショップに通う事も営業なので、そこに払っているお金で、自分のやりたい事は叶うのかをしっかり考えないと、気づいたらお金払ってるだけになっちゃうので。。

声優オーディションなら今はコレ〜その41〜

f:id:a1983a11a16ss:20170527230140j:image

ブシロードグループの声優プロダクション響(ひびき)が「響 新人声優発掘プロジェクト」の開催を同社サイトにて発表しました。


募集締切 2017年6月10日(金)
応募資格
12歳以上の男女
2017年5月以降、他事務所・他事務所の養成所に所属していない方
応募方法 WEB
応募書類 6/1日より応募フォームから応募賞典
声優事務所「響」所属
ブシロードグループの企画する各種コンテンツへの出演チャンス
グループ各社の協力により、声の仕事とあわせて個人の特性を生かした活躍も可能
備考 応募は6月1日から
響はブシロードグループの声優プロダクションであるため、ブシロードの制作するアニメ作品やブシロ情報番組に出演し声優ユニットを組んでライブなどに出演するのが、同社所属声優の定番パターンになっています。また「声の仕事にあわせて幅広く活動したい方」という言葉からも分かる通り、声優業以外にも一芸をプラスしてそれを売りにする事が多く、橘田いずみさんの餃子声優、徳井青空さんの漫画制作などがわかりやすい例ですし、バンドリは声優の楽器演奏が売りになっています。

 

という事で、すぐ応募。と行きたいところですが、募集要項をよく読みましょう。

・12歳以上の男女

→12歳から18歳くらいが望ましい。

子役から高卒まで、といった所です。

バンドリから見ても20歳以上は厳しいですね。ダンスや歌のレッスン付きなので、そのような仕事もするという事です。

その覚悟で応募しましょう!

音声サンプルのオーディションについて〜その40〜

f:id:a1983a11a16ss:20170526221252j:image

だいたい、上記の2点で、サンプルを送るのですが、今回お話させて頂くのは台本読んだボイスサンプルの方ですね。

2〜3個のセリフが主なのですが、これをノイズ除去してクライアントに送る作業があります。

 

でも、2日以内に!とか、急だったりするので、結構時間がないときもあります。

時間がない中、対応できるというのが売りの事務所でもあるのですが。

ただ、これはサンプルをまずこちらに送って貰わないと、その人は応募できません。自動的にオーディション不参加です。

結構、一般でも不参加の人がいたりするのですが、その理由が大体同じで、【時間がない】なんです。

バイトだったり、ワークショップだったり、専門学校だったり、色々なんですが。。

僕が思うのは、【えっ、10分とかも時間とれません?】ですね。

そもそも、バイトやワークショップなども、その急な仕事を得るために、やっているはずなのに、それが理由でオーディション不参加はないかなぁ、と。

次、そのクライアントからの仕事を紹介できなくなっちゃうんですけど。

単発が、連続の仕事に繋がっていくので、一発目を逃した時点で、もう呼ばれないという厳しい世界です。

ちなみに、商用作品のオーディションという...。10分の時間もないかぁ。。

オーディションは受ける前に9割決まっている〜その39〜

f:id:a1983a11a16ss:20170524094637j:image

だいたいこの流れでオーディションは実施される流れなのですが、書類審査の時点で大方決まってます。

 

えっ、じゃぁなんでオーディションするの?って、お思いになるかと。

それは人間性などの最終確認、見込んでいた人がダメだった時の予備、実際会ってみたら印象が違った、新しい人脈確保などの1割の部分の詰めのためです。

 

実際、予め決めている人、団体などはオーディション前に予め打診します。

そのため、飛び込みでオーディションを受けに行く場合は、自分の魅力をアピールするしかないのですが、それは演技力以外の部分でのアピールで差がつくという事です。

演技を磨いてます、レッスン通ってます、実績あります、熱意ありますとかは、皆そうなので当たり前です。

それ以外何があるのかを聞きたい感じですね。

よくココを間違えて、幅広く演じられますとか、こうゆう役が得意ですとか、面接やオーディションで言われても、それは自己アピールになっていないので、ご注意を。

声優も年齢に応じた貯蓄を!〜その38〜

声優に限らずですが、貯蓄は大切です。

f:id:a1983a11a16ss:20170522222656j:imagef:id:a1983a11a16ss:20170522222701j:image

平均値より、中央値を見てください。

この公表結果だけ見ても、まだ足りないです。

特に20代と30代は、税金も上がり、収入アップもし難い社会情勢なので、1.5倍は欲しいです。

 

景気が良いように見えますが、この平均値と同じで貧富の差が広がっているだけなのかもしれませんよ。

 

お金が集まるところには集まり、無いところは無い。声優も仕事がある人は沢山あり、無い人は無いんです。これが現実なので、自己ブランド化が如何に大切か...。有形資産だけではなく、無形資産も必要なのが現在です。

 

貯金だけあっても仕方ないし、人脈だけ広げても貧乏なまま。人脈を通じて如何にお金を有効活用していくのか、コレも個人事業主、いえ、若い世代には必要な事です。

公募のアニメオーディションの目的を知る事〜その37〜

公募のアニメオーディションにも目的で別れます。

f:id:a1983a11a16ss:20170521201917j:image

①新人、次世代のアイドルを兼ねた声優を発掘し、業界の宣伝も行い盛り上げる

②ワークショップや養成所に参加させる事が目的で役者の将来は二の次

③詐欺系のオーディションで、レッスン料を取られたり、個人情報が流出します

 

大きく上記の三つに分類されます。

①は数年に一度あるかどうかのものなので、ここでチャンスを掴めれば大きいです。

②は皆さんが良く知るワークショップで、基本、地上波のアニメではなく、スカパーとか、ニコ生とかの数千円から数万円で作られたものなので、事務所の存続や所属者のプロデュース料に使用されます。才能が認められれば、引き上げてくれる事もあるでしょう。若い子限定ですが。

③は最も多い話です。しかし、これは自分の目を養うしか回避策はありません。基本、アニメの公募はないんだという事を念頭に置けば、回避できるはずなので。