声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

タイムイズマネー〜その9〜

何をいつまでに作るのか。

それは、時給換算でいくら位の投資をしたのか。

そして、いつ回収できるのか。

これを考えずに、収録もゲームも作れないです。

f:id:a1983a11a16ss:20170418155721j:image

初期費用は、ともかく、自分の時間を時給換算すると、結構ヤバイッ!っと気づく時があります。

 

例えば、開発3日のゲームだとしても、時給換算すれば、4万円ぐらい掛かる訳です。

その4万円、いつ、どうやって黒字に持っていくの?

みたいな、実際に3日では作れないので、もっと掛かります。

 

声優も同じ。

収録までの準備やら、養成所の学費などをいつ回収できるのかの見込みが立たないのに、やっていても先が見えません。

むしろ、先が無くなるので、働きながら声優を目指す方が、選択肢としては有り。

 

もしくは、あまりお勧めできませんが、僕みたいに声優の現場に近いところで働きながら、声優もやる方法。

あまりお勧めできないのは、忙しい時は、死にそうになるし、責任が重いので、基本、なんでもできないとダメですから、途中で投げ出す人には向かないです。

 

本当に忙しい時は、空を飛べる気がする(´ー`)