声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

まずはコピーから新しい事を〜その22〜

今、実況も勉強しながらやっているのですが、企業さんから紹介動画制作依頼がくるぐらいには作れるようになりました。

f:id:a1983a11a16ss:20170503025554j:image

だいぶ、キャッシュ自体は貯まってきたので、iTunesカードを躊躇なく買えるくらい大人になりました。

 

僕がコンビニバイトして、声優だけをやってた頃は、貯金なんて無理でした。

声優の仕事をするために、当時盛んだったソーシャルゲーム会社に入社して、人脈作りや作品の動画配信、契約周りなどのいろはを学びました。そのおかげで今があるので、あの時の判断は正しかったと思います。

 

今、それをやろうとしても、以前のようにはいかずに、人を厳選しているので、無理です。

それはゲーム業界だけでなく、声優業界でも同じで、自分がテレビで見た声優さんのようになろうとしても時期が遅く、さらに新しい事ができるか、強力な武器が無いと、厳選しているので声優になれません。

その新しい事は自分が考え、発掘していかないといけないので、他人にはどうする事もできません。

とりあえず、僕はやりたい事があるので、そのために、ゲーム開発や実況を勉強している最中です。

声優になりたい皆さんは、歌って踊れてバンド演奏ができて顔が良くて気が利いていて若いだけでは足りない時代になっている事を踏まえて、どうしたら声優になれるのかじっくり考えてみてもよろしいかと。