声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

声優の基本的な考え方〜その26〜

f:id:a1983a11a16ss:20170507050842j:image

インスタントの様に簡単じゃないという意味の画像です。表題は下記のような感じになります。

 

・アニメ

→ワークショップ行って人脈作ってこい!

・吹き替え

→ワークショップ行って人脈作ってこい!

・ラジオ

→ワークショップ行って人脈作ってこい!

→オーディションに受かってこい!

・ゲーム

→ワークショップ行って人脈作ってこい!

・ナレーション

→10年早い!

 

つまり、まとめると。

自分で営業してこい!

になる訳です。

 

事務所は、バックアップはしますが、先陣切って走らないので。走る時もありますよ、売れる自信がある推したい新人がいるときは。

 

そうじゃないなら、自分がなんとかするしかないんですよ。

僕は下記です。

 

・アニメ

→忙しいから後回し。人脈は作っておく。

・吹き替え

→忙しいから後回し。ワークショップで力試ししながら出る。

・ラジオ

→パーソナリティですので、やります!

・ゲーム

→受注してるし、自らも作ってキャスティングもしてる。これ以上、僕に何を望む!!

・ナレーション

→10年早いが挑戦してます。

・ゲーム紹介

→実況してたら、企業様から依頼が来たので、有償で引き受けていたら、いつの間にか仕事になってました。

 

舞台とかは時間的に無理なので、動画制作で、ご勘弁を。

あとは...事務所は黒字でした!!

これ以上、僕は無理して働かないぞ!

今年は安全運転で行くんだ!!

と言いつつ、アニメとゲーム、紹介動画をもう作った僕は、頑張り過ぎているので、少し休ませて(´ー`)