読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

10年後の自分から問いかけられたら〜その29〜

例のごとく、画像にあまり意味はないのですが、壁に見えるのか、床に見えるのかっていう、視点の違いを表したいだけです(´ー`)

f:id:a1983a11a16ss:20170511225851j:image

なんだかんだ言っても、まだ誰もやった事がない、考えても実行に移していない事をやった者勝ちが、クリエイターのルールかと僕は思います。

 

10年後の自分から問いかけられていると思えば、今、自分がやらないといけない事が、結構、見えてくるかもしれません。

 

例えば、今、声優のオーディションを探しているなら、【その声優オーディションが見つかったとして、自分が選ばれる理由は何?】

 

例えば、今、養成所に通っているなら、【正所属の声優になれる人数と、なるまでの年数は知ってる?】

 

などなど、少しは冷静になれるかと思います。

そう、知らないでやっている場合が一番怖いです。知らないうちに何年、何百万円を使ってるのだろうかと。そして、10年後には自分はどうなっているのだろうかと。

考えると頭が痛いですが、考えないのは、もっと痛いです。