声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

公募のアニメオーディションの目的を知る事〜その37〜

公募のアニメオーディションにも目的で別れます。

f:id:a1983a11a16ss:20170521201917j:image

①新人、次世代のアイドルを兼ねた声優を発掘し、業界の宣伝も行い盛り上げる

②ワークショップや養成所に参加させる事が目的で役者の将来は二の次

③詐欺系のオーディションで、レッスン料を取られたり、個人情報が流出します

 

大きく上記の三つに分類されます。

①は数年に一度あるかどうかのものなので、ここでチャンスを掴めれば大きいです。

②は皆さんが良く知るワークショップで、基本、地上波のアニメではなく、スカパーとか、ニコ生とかの数千円から数万円で作られたものなので、事務所の存続や所属者のプロデュース料に使用されます。才能が認められれば、引き上げてくれる事もあるでしょう。若い子限定ですが。

③は最も多い話です。しかし、これは自分の目を養うしか回避策はありません。基本、アニメの公募はないんだという事を念頭に置けば、回避できるはずなので。