声優&ゲームクリエイターの日常

声優でゲームクリエイターの鈴木俊一の日常を書いていきます。

過去の自分が未来の自分の敵〜その54〜

f:id:a1983a11a16ss:20171126214640j:image

写真はライブ会場でのものなので、いつもの如く、表題とは関係ないです。

 

表題の話は、そのまんまです。

過去の判断ミスが未来に重荷として押し寄せるという意味です。

住宅ローンや保険、車、散財、様々な時間の浪費、経営判断でも、元は同じです。

PDCAサイクルを回す事を途中で止めたから、不幸な結果になるのかもしれません。

 

例えば、車を買って何か商売に繋げようと計画して、動いたとします。その後、計画通りに行かずに利益が出ない。改善案も効果がない。

この時点で、コストカットや事業見直しが入るはずなのですが、入らない。

なぜか?

そのままズルズルと維持費やコストがかさみ身動きが取れなくなる。なぜか?の時に手を打たなかったから。

 

いくらでも手段はあったのに、やれなかったんです。なぜなら、その手段を知らなかったから。判断タイミングが分からなかったから。

 

これが多過ぎて失敗だったと気づいた頃には、もう遅い。

金銭や自身の方向性を決める場合は、必ず専門の人や精通した人たちに相談すべきなんですが、コミュニケーション、社会人経験が無いと、そういう人たちと出会いがなく、自分で物事を早計に決めてしまう。

結果が借金。

 

自分のやりたい事ができない。

何故なのか振り返っても、運や環境など外部要因。もしくは自分の才能の限界と決めつけてしまう。

 

そうじゃないですよ。

人に相談しましたか?

人の忠告を面倒ながらも聞きましたか?

他人の考え方と自分の考え方に相違は無かったのですか?

 

あったはずなんですよ。

声優志望者なら、声優志望者以外の人の意見も。そうじゃないと本当にホームレスになる。

年金も払えない。

年金が未だに将来貰えるためのお金だけだと勘違いしている人が多いので、勉強して欲しい。